SEO&レスポンシブ対応を貴方の手で

貴方のサイトでアクセスUP実現へチャレンジ!

被リンクを増やしてもアクセスUPには直結しません!

今までのHP作成ソフトをそのまま活用、無駄な時間と経費を削減!

貴方は重要な事を見逃している!

スマホ対応の時代へ少しの努力で道が開けます!

被リンクよりも前にアクセスUPに行う事がある

PDF版を特別価格でご提供します

タイトル写真

SEO(検索エンジン最適化)やレスポンシブ・デザイン(スマホ対応)等の言葉を
耳にしたり目にしたりした事はありませんか?
貴方が仕事でサイトを運営している、もしくはこれから作成するのであれば一度はあるでしょう。
しかし自分の専門分野では無いコンピューター・システムの事なので難しい事と諦めていませんか?
不安と疑問の理由
  1. 餅は餅屋と言うように、SEO対策の専門業者に依頼するしかない・・・・・
  2. 専門業者は好結果を保証しないので不安な面が大きい・・・・・
  3. 専門業者は費用が意外と必要で、費用対効果で考えると赤字になってしまう・・
  4. 市販のHP作成ソフトでサイトを作成し公開したが問い合わせが無い・・・・・
  5. 作成したサイトの検索順位はトップ頁だが問い合わせが無い・・・・・
  6. 少し勉強して自分のサイトに訪問者が居るのか調べたら存在しなかった・・・・
  7. 自分で行いたいが何を行えば良いのか手順や方法が分からない・・・・・
  8. レスポンシブ・デザインに対応する為、新たにHP作成ソフトを購入するのも抵抗がある
この様な不安や疑問を抱かれるのは普通の事ですが、諦めるのはまだ早すぎます。
既にサイトを公開されているのであれば、既存のサイトをレスポンシブ・デザインに変更し、
更にSEO効果を高めて訪問者数UPを実現する事は可能なのですから。
しかも新たにHP作成ソフトを購入する必要も一切ありません
最新版でない場合、貴方が利用しているHP作成ソフトはHTML4.01に対応したソフトでしょう
最新版はHTML5対応で恐らくレスポンシブ・デザインにも対応しているはずです。
本商品はHTML4.01で作成したサイトをレスポンシブ・デザインに変更する方法を
貴方に教え、更にサイト訪問者数UPのSEO効果を高める参考書です。
本商品は具体的な記述例やサンプルサイトの閲覧で初心者でもわかり易い内容になっております。
スパム行為は行いません!だから安定した効果が持続可能です。
貴方の手で訪問者数UPの結果を出しましょう。

パソコン写真

何故HTML4.01なのか?
HTML5やCSS3は次の標準になるのは事実ですが古いPCに対応していませんので
対応させる方法を別途行う必要があり、手間がかかります。
この頁にも利用装飾がありますが、インターネット・エクスプローラー9以下では表示されません。
(黒文字で蛍光色のラインがその箇所です)
逆にHTML4.01は今までの主流ですので新旧のPCにも対応しています。
そしてHTML5をフル活用したサイトを作成するなら2年位先で問題ないのが理由です。
経費を抑えて現実的な方法をとるには最適な選択だと言えます。
当然ですがHTMLのバージョン違いでSEO効果に差は出ません。
更に本商品でサイトを変更した体験が、次回のHTML5対応にも役に立つからです。
事業用サイトは最低でも2年に1回は定期的なリニューアルが必要で、
その時にHTML5へ移行しましょう。
なぜリニューアルが必要か?数年間も同じサイトはリピーターを失うからです。

システム写真

しかしこの頁を読んでいる方は既に多数の文献をサイトから調べて実行し、結果が出なかった方が
多数だと思われます。そこで本商品よりポイントを抜粋して書かせて頂きます。
ポイントを抜粋
  1. レスポンシブ・デザインの基本はhead部分に1行追加するだけで対応可能です(8章より)
    後は貴方が作成するサイトの頁構成で多少変わりますが、スマホ表示を意識すれば理解は早いです。
    この事に関しては雛型サンプル作成の実例やサンプルサイトの閲覧でサポートしています。
    ブラウザの対応(インターネット・エクスプローラー:IE)も当然ですが記載しています。
    ( しかしサポートが終了したIEと16年1月に終了するIE8に関しては除外 )
  2. 一番悩む タイトル の設定(5章より)
    多数のサイトで重要性が書かれていますが実行しても変化が現れないのでは?
    キーワードは左側とか、羅列は禁止とか、同一キーワードの重複は意味がないとか、
    文字数は全角で32文字を目安とか、サイト名は入れる?入れない?とか、
    原則1頁1テーマとか、自然な文体とか、他にも色々ありますね。
    これらは間違ってはいませんが重要な事が抜けています
    これらはあくまでもタイトルの形式を書いているだけなので、キーワードの順番を入れ替えても
    検索結果に大きな変化は現れません。
    本商品でもこの形式に関して詳しく説明をしていますが、重要な事も記載しています。
    本商品のコンセプトは無駄な時間を削減する事です。この形式に時間をかけてはいけません。
  3. キーワードは何個準備する必要があるのか?(5章より)
    戦略的には多数必要です。
    しかし重要なキーワードは2種類までで、それ以外は絞り込み用のキーワードを多数準備します。
    その為、本商品では重要なキーワードを「重要検索ワード」と表現し、絞り込み用のキーワードを
    「3番目の検索ワード」と表現する事で読み手が混乱しないよう配慮しています。
  4. meat name=”keywords” は重要なのか?(6章より)
    空欄でも構いません。つまり重要ではないが、入れる場合は重要検索ワードの2種類。
  5. キーワードの出現率は気にするべきか?(9章より)
    1,000単語の頁と400単語の頁で比較して下さい。
    パーセンテージを気にして同一の数値に無理矢理する意味は無いと考えます。
  6. 一番重要なのは頁の内容です(2章、9章より)
    ユーザーに配慮した内容が一番重要です。
    当然ですがスパム行為はサイトを不利にしますのです絶対行ってはいけません。
    重複内容、他サイトの複写、写真多用等も不利になります(対応方法は記載しています)
    上記を考慮し検索エンジン(クローラー)に対して有効的な内部対策を実践しましょう。
本商品は全13章で構成されておりますが、上記は皆様がよく迷われる部分を抜粋しております。
当然ですが他にも重要な事を記載しておりますので参考になります。

経費写真

費用対効果の話し
  1. 貴方がSEO対策を今の仕事を一切せず独学で行った場合、5カ月間位の作業時間が必要でしょう。
    これをその期間の収入に換算すると約150万円になります。(30万円×5カ月)
    150万の収入を無くす事が貴方には出来るのでしょうか?
  2. 貴方が従業員にSEOを専任させた場合、@と同じく5カ月間位の作業時間が必要でしょう。
    これをその期間の支出に換算すると約100万円になります。(20万円×5カ月)
    100万円を仕事をさせない従業員に貴方は支払う事が出来るのでしょうか?
  3. SEO専門業者に全て委託する場合、結果の目安が出るまで4カ月位の時間が必要でしょう。
    業者によって価格は異なりますが20〜30万円(契約内容で変わり更に高額もある)
    考え方次第ですが1、2より安くなります。
  4. 貴方が仕事を終えた夜の時間を利用し独学で行った場合、いつ終わるか見通しは立たないでしょう。
    このケースが最も多いのですが、ほぼ100%挫折していますので成果は期待できません。
  5. 本商品を購入後に仕事を終えた夜の時間で実行した場合、1〜2カ月の作業時間が必要でしょう。
    必要な支出は本商品購入価格のみ。サイトから仕事が1件以上増加すれば回収可能です。

補足:作業時間や金額は目安で、個人差があります。

会話写真

ところでSEO効果と検索順位の向上は同じ事と勘違いされている方が居られます。
この解釈は誤りでイコールではありません。
理由は検索順位を1位にするのは簡単な為、SEOを軽視する人が存在するのも事実です。
この様な実例が存在します。
私の友人が市販のHP作成ソフトでサイトを初めて作成し、その検索順位(2ワード)が即1位でした。
こんな程度かと見下し、自分は天才だと思い込んだらしいです。
しかし問い合わせフォームを作成したのに一向に届かない、疑問を感じて私へ相談しにきました。
私と友人の会話
私はそのサイトを検証し、次の様に回答しました。
  • (私)「 獣道や砂漠にお店を出したのかい? 」
  • 友人に意味が通じなかったので改めて言いました。
  • (私)「 通行人が存在しない場所にお店を出した事で、現状で訪問者の存在はほぼない 」
  • すると友人が答えました
  • (友)「 2ワード検索結果で5万件のサイトが存在するから、通行人は存在するのでは? 」
  • (私)「 2ワード検索結果で5万件は少ない方だよ 」
  • (私)「 結果は検索サイトが関連性のあるサイトを強引に集めるので多少数が多い 」
  • (友)「 でも 1位 だよ 」
  • (私)「 勘違いをしている人が多く、それが理由でサイト作成を断念する人が多数存在する 」
  • (友)「 勘違いって何? 」
  • (私)「 自分善(よ)がり。 勝手な思い込みで結果を悪くしている事です 」
  • (友)「 多いケースなの? このケースで 1位 の意味は 」
  • (私)「 案外多いケースで 1位 の意味は無い。通行人ほぼ不在のサイトだから 」
  • (私)「 間違っていないと思う気持ちは理解するが、現実を見れないと事業も同じかな 」
  • (友)「 サイト作成で現実を見る方法は存在するの? 検索して出てくる? 」
  • (私)「 方法は存在するが、サイトで見た記憶は無いかな 」
  • (友)「 どうすればいい? 」
  • (私)「 本商品を読めば書いてあるので自分で対応可能だよ 」
その後、友人は本商品を購入しサイトを作り直して砂漠サイトから脱却。
検索結果50万件の中で上位頁に位置する事になり、訪問者も毎日多数確認できる様になりました。
勿論、新規サイトですので被リンクはまだ存在しません。
この様に重要なのは順位では無く、訪問者が毎日多数存在する事なのです。
訪問者が存在しなければ仕事の依頼も存在しませんから。
HP作成ソフトを利用した人ならば決して難しい事はありません。
重い腰を上げてチャレンジしませんか?
確認して下さい
この頁はHTML4.01で作成しており、
当然ですがレスポンシブ・デザイン対応
にしております。
PCでご覧になっている方はブラウザの右上にある縮小ボタンを押し、ウィンドウ・サイズを
変更して変化を確認して下さい。
PCモニターより小さい解像度で文字サイズは変更され、写真サイズがウィンドウに合わせて
小さくなります。スマホサイズまで縮小すると、更に箇条書き(1.2.3等で表現)部分の
文字色を交互に少しだけ変えております。それに合わせて改行マーク(br)を消し、
解像度が多種多様なスマホでも読み易いようにしてます。
これらの設定はCSS側で行っております。
時代はシンプル・デザイン
昔はPCで情報を検索する時代で、今も考え方は変わりませんが媒体が変わってきました。
スマホの急激な浸透が情報検索を一気に変えました。
PCを持たないスマホだけの若者の急増に加え、シニア世代のスマホ所有率も急増中です。
同じ様な事が出来るのならば、PC不要と考えるのも理に適っております。
(サイトを作成する方はPCが必要ですが)
スマホでのサイト検索が非常に多い現状は、ガラ携時代とは比べ物になりません。
つまりスマホで見易いサイト・デザインを基本に考え、PC側は2番目以降の優先順位と変わります。
そこで便利なのがレスポンシブ・デザインでPCとスマホのサイトを共有URLで管理できます。
スマホを優先する訳ですから、手の込んだPCサイトで動作を遅くすると不利になります。
軽くて動作が早く、そしてSEO効果を盛り込んだシンプル・サイトを貴方の手で作成しましょう。
安心して下さい、本商品を読めば難しくはありませんので。
本商品のご購入はこちら
本写真
  • SEO対策とレスポンシブ・デザインを貴方の手で行う教則本
  • 全13章・80頁で解説
  • 貴方のサイトにアクセスUP効果
  • SEO対策が初体験の方には効果が高い
  • 検索順位上位とアクセスUPは別物
  • スパム行為一切無し!
  • サンプル・サイト公開
  • メールでのサポート有り(ご購入後40日間:10回まで)
  • PDFファイルのダウンロード形式での販売です
  • 特別価格:¥9,720円(税込)

※商品ファイルの閲覧には、アイドック株式会社が提供する無料ソフト「bookend」がインストールされている必要がございます。

この頁は一番単純なレスポンシブ・デザインで作成していますが、 頁の特性上SEO対策はしておりませんのでご了承願います。